医療秘書の学習計画

スポンサード リンク


効率よく勉強していくには

医療秘書,資格取得,通信講座,医療事務

 

どんな資格も同じですが、幅広い出題範囲から出される内容を、 受験までの決められた期間の中で、いかに効率的に勉強していくのかが重要です。

 

時間はみんな平等に流れていて、いつまでもあるわけではありません。何年もダラダラと勉強を続けていくことのないようにしたいものです。そのためには、まず最初に学習スケジュールを立てる事から始めるのがおススメです。

 

資格取得のための専門学校などに通っている学生なら、自分でスケジュールを立てなくても、 学校で試験に合わせてスケジュールを立てているはずです。

 

ですので、学校で学習した内容を忘れないようにきちんと復習して入れば問題ないでしょう。学習スケジュールが必要なのは、独学で勉強しながら医療秘書の資格取得を目指す人ですね。

 

レセプト作成、診療点数は重要

 

医療秘書の試験の中でも、かなりややこしくて複雑なのが、診療点数の計算です。

 

全ての診療に関して点数が細かく決められている診療点数表は、全ての項目に関して点数を覚えるなんて事は到底無理。 もちろん、試験でもそんな暗記力を求められる事はないので大丈夫です。

 

しかし、点数表の見方は知っておかなければいけません。医療秘書の大切な業務の一つでもあるレセプト作成では、かならず診療点数表が必要になります。

 

最近ではほとんどの医療機関で診療点数は、全てレセプトコンピュータによって自動的に計算されますし、 レセプト作成作業自体がコンピュータで行なえるようになっています。

 

そのおかげで、以前よりは診療点数に関する理解のニーズも少なくなってきているようです。

 

しかし、万が一コンピュータの調子が悪い時には、全てを手書きしなければいけませんから、レセプト作成のための知識や診療点数の見方は必ず理解しておくようにしましょう。

 

スポンサードリンク

学習の計画を立てる関連エントリー

通学講座を利用する
しっかりした講師のもとで勉強をしたい人は、通学講座・通学メディアを利用するとよいでしょう。 移動する時間、講座の内容、受講費用などは前もって調べておきましょう。
通信講座を利用する
仕事や家事と両立しながら、自宅で効率良く勉強するなら通信講座がおすすめです。 受講費用も通学講座に比べて安く、3ヶ月ほどで受験対策できます。
独学で頑張る
独学で医療事務系の資格を取得しようと考えている人もいますが、できれば通信講座などを利用することをおすすめします。 勉強の効率もまったく違いますし、試験合格後の就職サポートまで付いているサービスもあります。