医療秘書の資格を独学で取る

スポンサード リンク


独学のみで専門知識を得るのは難しい

医療秘書,資格取得,通信講座,医療事務

 

医療事務系の資格を取得する方法には、いろいろあります。専門学校や短大などの教育機関に通学しながら勉強して受験合格を目指す方法もあれば、 通信教育や通学講座などを受講して受験勉強をする方法もあります。

 

また、書店などで参考書などを購入して、完全に独学で資格取得を目指す人もいるのではないでしょうか。

 

通信講座や通学講座などに通って勉強すると、独学よりも費用がかかりますし、時間的な拘束もあったりします。そう考えると、自分のスケジュールで勉強できる独学が便利かな、と考える人もいるようです。

 

しかし、メディカル系の資格は専門性も高く、必要となる知識を独学のみで学習する事はかなり難しいといえます。周りに医療機関で働いている人がいれば、その人に聞いたりすることもできますが、いない場合は自分で調べていくしかありません。

 

また、独学を続けていく場合は、モチベーションの維持や自己管理能力が問題になります。はじめはやる気満々で本屋から参考書を買ってくる人でも、気がつくと家ではダラダラしてしまっていた、なんてことが少なくありません。

 

よほど自信と計画性がなければ、独学は続いていかないものです。費用を節約しようと思うあまり、最も大切な”時間”を浪費してしまうことのないようにしたいですね。

 

講座を受講して効率がいい勉強をしよう

 

医療事務の資格にもいろいろあり、難易度が高いものもあれば難易度が低いものまでさまざまです。

 

医療事務系の資格を見てみると、合格率がたったの29%という狭き門となっている資格もありますし、 合格率が比較的高いといわれている保険請求事務技能検定試験でも合格率は75%。

 

つまり、勉強する方向性を間違ってしまうと、合格できなくなってしまう事も、もちろんあるわけです。

 

どうせ勉強するなら一発合格を目指したいですよね。 はずさない勉強をするためには、やはり通信講座などを利用して、ポイントを押さえた勉強をする事をおススメします。

 

また、通信講座によっては、試験に合格した後の就職をサポートしてくれる制度が充実しているものも少なくありません。

 

就職先を紹介してもらえるのですから、まさに鬼に金棒。大船に乗ったつもりで勉強に没頭する事もできますね。

 

スポンサードリンク

独学で頑張る関連エントリー

学習の計画を立てる
医療秘書の資格試験に合格するためには、計画的に効率のよい勉強を続けていかなければなりません。 医療事務に必要なレセプト作成や診療点数の理解は深めておきましょう。
通学講座を利用する
しっかりした講師のもとで勉強をしたい人は、通学講座・通学メディアを利用するとよいでしょう。 移動する時間、講座の内容、受講費用などは前もって調べておきましょう。
通信講座を利用する
仕事や家事と両立しながら、自宅で効率良く勉強するなら通信講座がおすすめです。 受講費用も通学講座に比べて安く、3ヶ月ほどで受験対策できます。