医療秘書の資格試験

スポンサード リンク


医療秘書の資格試験記事一覧

医療秘書技能検定試験は、毎年6月と11月の2回行われています。受験をするために必要な資格などもありませんし、年齢や性別、学歴など受験資格が設定されているわけでもないので、誰でも受験したい人は自由に受験する事ができます。医療秘書技能検定試験は、難易度に応じて1級、準1級、2級、3級の4レベルに分かれています。それぞれのレベルごとに難易度は異なりますが、出題される試験内容は変わりません。試験科目と難易...

医療秘書を勉強するために専門学校や短大などに通っている人、また、大学で医療秘書のクラスを受講している人など、教育機関で医療秘書の勉強をしている人も多いと思います。教育機関で学んだ専門的な知識を評価するものとして存在しているのが、医療秘書技能認定試験です。この試験と名前がとてもよく似た試験に「医療秘書技能検定試験」がありますが、 この検定試験は受験資格が不問です。一方、医療秘書技能"認定"試験は、教...

医療秘書認定試験の中でも日本医師会が認定している試験は、「日本医師会 医療秘書認定試験」と呼ばれています。この認定試験は、他の医療秘書野試験と比べると受験資格が限定されてるため、 受験したいからと言って誰でも受験できるという資格ではありません。日本医師会が認定している医療秘書認定試験を受けるためには、あらかじめ日本医師会が認定している養成機関を卒業見込みの人、もしくは卒業生でなければ受験する事がで...

医療系の資格にもいろいろな資格がありますが、医療秘書の資格よりもさらに専門性が高く、 医師との連係プレーが求められる資格の一つに、「医療秘書士」という資格があります。医療秘書士になるためには、医療秘書士の試験もしくは医療管理秘書士の試験に合格した後に、 医療秘書士としての資格申請を行う必要があります。医療秘書士の仕事は、医療秘書のように病院の受付において初診や再診の受付業務を行なったり、 患者さん...