医療秘書に向いている人・向いていない人

スポンサード リンク


高いコミュニケーション能力は必須

医療秘書,資格取得,通信講座,医療事務

 

まず職場が医療機関となるので、医療全般に関心があることが前提となります。何のために働くかと問われれば「もちろんお金・生活費を稼ぐためです」というのが本音だと思いますが、患者さんの気持ちを考えることができない人、奉仕する心がないという人は続かないでしょう。

 

医療秘書の役割は、医師のスケジュール管理や医療スタッフ間の橋渡しなどが中心ですが、医療事務と同じく病院の受付業務や会計業務、患者さんへの対応も任されることがあります。

 

毎日大勢の患者さんがやってくる医療機関の中でも、患者さんが最初に訪れるのが病院の受付。そこで仕事をする医療従事者は、病院の「顔」として患者さんに笑顔で挨拶できるフレンドリーな対人スキルが求められます。

 

人と話をする事が好きな人や、誰にでも親切に話ができる社交性のある人なら、 医療秘書の仕事は向いているといえるでしょう。つまりコミュニケーション能力が重要です。

 

コミュニケーション能力が必要とされない仕事はほとんどないですが、複数の医療従事者がともに働く病院では、他の職員との協調性やチームワークが求められるので、とくにコミュニケーション力を備えた人材が重視されているのです。

 

逆に、気分が顔や態度に出てしまったり、他人と話をする事が苦痛だと言う人にとっては、医療秘書の仕事は向いていないといえます。

 

向上心を持って自己研鑽できる人

 

医療業界の進歩はむかしとは比べ物にならないほど速いため、医療業界で働く人は常に最新の医療について学んでいく必要があります。「一度試験に合格したからもう勉強しなくていいや」という考えの人は、職場に配属されてから苦労することになります。

 

現状に満足せず、常に学ぶ姿勢を持ち、スキル向上を図る熱意がある人材は、病院の求める人物像にピッタリで採用にも大きく関係しています。

 

また、実際の医療の現場では、マニュアルにはない困難な状況に直面することが多々あります。途中で投げ出したり諦めたりせず、最後までやり抜くことができる精神力を持った人物は重宝されます。

 

急な残業にも対応できるかどうか

 

病院で働く医療秘書は、診察時間が終了しても患者さんが残っている間は仕事があるので帰る事ができません。 残業ですね。

 

病床を抱える総合病院などで仕事をする看護師などのような夜勤はありませんが、 多かれ少なかれの残業はあります。 フレキシブルに残業に対応できる人にとっても医療秘書のお仕事は向いていると言えるでしょう。

 

逆に、決まった時間までに帰宅しないと問題がある、といった時間的な制約がある場合には、 医療秘書の仕事は難しいかもしれません。

 

ちなみに、小さな子供を託児所に預けていて、残業があると託児所のお迎えに間に合わなくなってしまうという問題を抱えているママたちも多いはず。

 

しかし、病院などの医療機関では、託児所が設置されている職場も多いので、 そういった職場で仕事をすれば小さな子供が居ても、問題なく対応できるので便利ですね。

 

スポンサードリンク

医療秘書に向いている人・向いていない人関連エントリー

医療秘書とはどのような職業?
まずは医療秘書とはどのような職業なのか知っておきましょう。資格は必ずしも必要ありませんが、さまざまな知識やスキルが求められます。
医療秘書の職場
医療秘書になると、どのような職場で働けるのでしょうか?診療所やクリニック、歯科医院など、受付・会計業務があるところは、医療秘書のニーズも高いようです。
選べる勤務形態
医療事務スタッフとして働く場合、正社員、派遣、パートタイムなど、自分に合った勤務形態を選ぶことができます。家事や育児と両立させたい人にもうれしいメリットです。
お給料はどのくらい?
働くにあたってやはり気になるのは給与体系です。医療秘書の初任給や年収はどのくらいが相場なのでしょうか?勤続年数が増えてキャリアを積むと、給料もどんどん上がっていきます。
医療秘書になるためには
医療秘書は、一般的な企業の秘書とは違い、医学・薬学などの知識やレセプト業務の技能も必要となります。 資格試験が毎年開催されているので、受験して合格することが近道となります。