医療秘書の職場

スポンサード リンク


病院やクリニックの事務的な仕事

医療秘書,資格取得,通信講座,医療事務

 

医療秘書の資格を持っている人の職場は、一般的に病院やクリニックなどの医療機関となります。

 

医療機関で医療に従事するお仕事には医師や看護師などがありますが、 直接的な医療に従事する職種の場合には、内科や外科、歯科など専門分野によっても仕事をする職場が異なります。外科医が歯科でお仕事をしようとしても、それは無理ですよね。

 

しかし、医療秘書というお仕事は、直接的な医療行為を行なう職種ではなく、 病院の運営など事務的な部分に大きく関係しているお仕事です。そのため、その病院やクリニックが何科なのかに関わらずに仕事をする事ができます。

 

受付業務や患者さんへの接客などは、そのクリニックが何を専門にしていても変わらない事務的な業務ですよね。医師の補佐やスケジュール管理なども同様です。

 

医師や看護師などと比べると、医療秘書にとって仕事ができる職場の選択肢はグンと広がっているようです。

 

医療秘書のニーズは多い

 

具体的に、医療秘書がどんな職場で仕事をしているのかというと、 個人経営の診療所やクリニックから大規模な総合病院まで、医療機関なら規模に関わらずに医療秘書のニーズがあります。

 

また、歯科医院でも受付業務や会計をする人は必要なので、医療秘書のニーズがありますし、処方箋の薬を出してくれる調剤薬局などでも、受付をしたり会計をしてくれる人が必要になります。

 

離職率があまり高くない医療秘書のお仕事は、たくさんの医療秘書が仕事をしている総合病院や大学病院のほうが、 求人も頻繁に出ている事が多いようです。

 

スポンサードリンク

医療秘書の職場関連エントリー

医療秘書とはどのような職業?
まずは医療秘書とはどのような職業なのか知っておきましょう。資格は必ずしも必要ありませんが、さまざまな知識やスキルが求められます。
選べる勤務形態
医療事務スタッフとして働く場合、正社員、派遣、パートタイムなど、自分に合った勤務形態を選ぶことができます。家事や育児と両立させたい人にもうれしいメリットです。
お給料はどのくらい?
働くにあたってやはり気になるのは給与体系です。医療秘書の初任給や年収はどのくらいが相場なのでしょうか?勤続年数が増えてキャリアを積むと、給料もどんどん上がっていきます。
医療秘書になるためには
医療秘書は、一般的な企業の秘書とは違い、医学・薬学などの知識やレセプト業務の技能も必要となります。 資格試験が毎年開催されているので、受験して合格することが近道となります。
医療秘書に向いている人・向いていない人
医療秘書に向いている人と向いていない人とはどのようなタイプなのでしょうか。やる気はあっても職業適性は考慮しなければなりません。具体的には、 コミュニケーションが取れる人、応対マナーの基本ができていることなどが重要です。