医療秘書の初任給と給料

スポンサード リンク


気になるお給料は?

医療秘書,資格取得,通信講座,医療事務

 

どんな職場で働くにしても、やはり気になるのはお給料です。患者さんの命に関わる業務なのですから、しっかりとした待遇で迎えてほしいですよね。

 

医師や看護師などのように直接的な医療業務を行なう職種の場合には、 資格手当てなどがついてくるのでお給料も一般事務社員と比べると高くなります。

 

一方、医療秘書の場合には、医療行為を直接行なうわけではなく事務業務に携わるお仕事なので、 その収入は期待しているよりも高くはないようです。

 

全国的な平均収入を見てみると、医療秘書として仕事を始めたばかりの人の初任給は、 高卒なら平均15万円、大卒で平均19万円程度。これは一般企業で一般事務をするお仕事で手にする収入と、あまり変わりません。

 

年収にしても、勤続3年目の医療秘書で年収が300万円弱なので、仕事を始めたばかりの頃には、 それほど高収入を期待する事はできないようです。

 

経験を積めば年収もアップ!

 

しかし、スタートしたばかりの頃は一般事務とそれほど収入が変わらない医療秘書でも、経験を積んでいけばいくだけ、年収もどんどんアップしていきます。

 

一般事務などは、結婚したら退職したりする事も多く、キャリアを積むような仕事にはなかなか結びつきにくいですよね。

 

しかし、医療秘書の場合には、結婚したり産休を取ったりしても復帰しやすくキャリアを積んでいけるのが、 医療秘書という事務の大きなメリットです。それまでの経験を活かして転職するという選択もあります。

 

勤続25年〜30年というベテラン医療秘書になると、年収が500万円を超える事も少なくないようです。 毎月の収入にすると、月収35万円程度。

 

キャリアを積む事ができるお仕事だからこそ、年収にもそれが反映されるのでしょう。

 

スポンサードリンク

お給料はどのくらい?関連エントリー

医療秘書とはどのような職業?
まずは医療秘書とはどのような職業なのか知っておきましょう。資格は必ずしも必要ありませんが、さまざまな知識やスキルが求められます。
医療秘書の職場
医療秘書になると、どのような職場で働けるのでしょうか?診療所やクリニック、歯科医院など、受付・会計業務があるところは、医療秘書のニーズも高いようです。
選べる勤務形態
医療事務スタッフとして働く場合、正社員、派遣、パートタイムなど、自分に合った勤務形態を選ぶことができます。家事や育児と両立させたい人にもうれしいメリットです。
医療秘書になるためには
医療秘書は、一般的な企業の秘書とは違い、医学・薬学などの知識やレセプト業務の技能も必要となります。 資格試験が毎年開催されているので、受験して合格することが近道となります。
医療秘書に向いている人・向いていない人
医療秘書に向いている人と向いていない人とはどのようなタイプなのでしょうか。やる気はあっても職業適性は考慮しなければなりません。具体的には、 コミュニケーションが取れる人、応対マナーの基本ができていることなどが重要です。