医療秘書の勤務形態

スポンサード リンク


自分に合った勤務形態が選べるのが魅力

医療秘書,資格取得,通信講座,医療事務

 

医療秘書は、正社員、パート、派遣など、いろいろな雇用形態で仕事をする事ができます。フルタイムでキャリアを磨きたい人なら、総合病院などで正社員として医療秘書の仕事をするのが良いかもしれませんね。

 

また、家庭と仕事を両立させたい人や、子供が小さいから仕事をする時間を短く抑えたいという人なら、 パートとして医療秘書の仕事を探すのも良いでしょう。

 

ただし、総合病院など大規模な医療機関でお仕事をする人にとっては、やはり気になるのが残業や夜勤の有無ではないでしょうか。

 

病床がたくさんあって、看護師や医師など直接的な医療に従事する人なら夜勤も頻繁についている総合病院でも、 夜間に受付が空いている事はほとんどありませんよね。

 

そうです、医療秘書の仕事は総合病院や大学病院などの忙しい医療機関でも、夜勤が求められる事がない大仕事。

 

外来患者の受付や会計業務を中心に行なう仕事なので、外来診察の時間帯を中心にお仕事をする事になります。 一般的には、平日の昼間、が多いようですね。

 

患者さんの状況によっては残業もある

 

医療秘書は事務系の仕事ですが、職場によっては残業がついてくることも少なくありません。

 

同じ事務系のお仕事でも、医療秘書は一般企業で仕事をする事務員のように「この仕事は明日に回す」なんてことができません。

 

その日の診察が混雑していて、退社時間になっても患者さんが残っていれば、 会計業務を行なう医療秘書も、当然残業を行なわなければいけません。

 

一般企業の秘書とは違い、医療現場で働くのですから、多少は勤務時間がずれ込むことも知っておかなければなりません。

 

決められた時間だけですぐに帰宅したいという場合には、パートなどで医療秘書の仕事を見つけたほうが良いかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

選べる勤務形態関連エントリー

医療秘書とはどのような職業?
まずは医療秘書とはどのような職業なのか知っておきましょう。資格は必ずしも必要ありませんが、さまざまな知識やスキルが求められます。
医療秘書の職場
医療秘書になると、どのような職場で働けるのでしょうか?診療所やクリニック、歯科医院など、受付・会計業務があるところは、医療秘書のニーズも高いようです。
お給料はどのくらい?
働くにあたってやはり気になるのは給与体系です。医療秘書の初任給や年収はどのくらいが相場なのでしょうか?勤続年数が増えてキャリアを積むと、給料もどんどん上がっていきます。
医療秘書になるためには
医療秘書は、一般的な企業の秘書とは違い、医学・薬学などの知識やレセプト業務の技能も必要となります。 資格試験が毎年開催されているので、受験して合格することが近道となります。
医療秘書に向いている人・向いていない人
医療秘書に向いている人と向いていない人とはどのようなタイプなのでしょうか。やる気はあっても職業適性は考慮しなければなりません。具体的には、 コミュニケーションが取れる人、応対マナーの基本ができていることなどが重要です。