医療秘書とはどのような職業?

スポンサード リンク


医療秘書とは?

医療秘書,資格取得,通信講座,医療事務

 

病院などの医療機関で働いている人たちの職種はさまざま。医者や看護師などのように、患者に医療行為を行なう仕事の人もいれば、 病院の受付などで事務的な仕事をしている人、会計などお金の計算をする人などもいたりしますよね。

 

医療秘書の仕事も、一般的な企業で働いている秘書とだいたい同じようなイメージをもってもらって結構です。つまり、来客の対応や院長のスケジュール管理、出張の手配などの裏方の業務を主に担っています。

 

ただし、裏方業務ばかりというわけではありません。ときには病院の受付に座っていて、診察の受付をしたり、保険証のチェックをしたり、カルテの管理やレセプト作成など、医療機関特有の業務をこなしていく必要があります。

 

まとめると、医療秘書は次のような仕事内容があります。

 

  • 患者さんの受付業務
  • 保険証のチェックや入力業務
  • 初診の患者のカルテ作成業務
  • 会計業務
  • レセプト業務
  • 患者さんを適切な場所へ案内する院内案内業務
  • 医師や院長の秘書業務(スケジュール管理、文書作成、書類の管理)

いろいろな知識やスキルが要求される

 

医療秘書は直接的な医療業務に関わるわけではないので、看護師などの資格を持っている必要はありません。

 

しかし、医療秘書は、医療行為以外の事務的な業務を全て担当するため、 いろいろな知識やスキルが要求されるお仕事と言えるでしょう。

 

患者さんの情報をパソコンに入力したり、お会計の計算をしたりするためのパソコンスキルももちろん必要になりますし、 来院した患者さんに笑顔で接する事ができる対人スキルも求められます。

 

患者さんの容態によっては、看護師に連絡したりする臨機応変な対応も求められますし、 場合によっては患者さんからのクレームにも対応しなければいけません。

 

患者さんの命を預かる医療現場において、医療秘書というお仕事は責任重大な仕事なのです。コミュニケーション能力があり、よく気配りができる人、スケジュール管理能力にも優れているなど、求められるスキルや資質は高いかもしれません。

 

言い換えれば、それだけやりがいのある充実した仕事ということです。

 

スポンサードリンク

医療秘書とはどのような職業?関連エントリー

医療秘書の職場
医療秘書になると、どのような職場で働けるのでしょうか?診療所やクリニック、歯科医院など、受付・会計業務があるところは、医療秘書のニーズも高いようです。
選べる勤務形態
医療事務スタッフとして働く場合、正社員、派遣、パートタイムなど、自分に合った勤務形態を選ぶことができます。家事や育児と両立させたい人にもうれしいメリットです。
お給料はどのくらい?
働くにあたってやはり気になるのは給与体系です。医療秘書の初任給や年収はどのくらいが相場なのでしょうか?勤続年数が増えてキャリアを積むと、給料もどんどん上がっていきます。
医療秘書になるためには
医療秘書は、一般的な企業の秘書とは違い、医学・薬学などの知識やレセプト業務の技能も必要となります。 資格試験が毎年開催されているので、受験して合格することが近道となります。
医療秘書に向いている人・向いていない人
医療秘書に向いている人と向いていない人とはどのようなタイプなのでしょうか。やる気はあっても職業適性は考慮しなければなりません。具体的には、 コミュニケーションが取れる人、応対マナーの基本ができていることなどが重要です。