医師の給料はどれくらい?

スポンサード リンク


給料が最も高い医師も差がある

医療秘書,資格取得,通信講座,医療事務

 

病院で働く人のお給料がどうなっているのかは、みなさん気になるところではないでしょうか。そのなかでも今回は医師の給料を紹介していきましょう。

 

だいたい予想通り、病院のなかで最も給料の高い職種が医師です。やはり医師免許を取るまでが長く険しい道のりなうえに、責任も大きい仕事なので、その分の待遇も手厚いものになっています。

 

ただし、同じ医師と言っても、病院の種類や職階によって、給与水準には大きな差が出ています。厚生労働省が「医療経済実態調査」というものを公表しているので、それを見ていきましょう。

 

医師の平均月額給与

病院の種類

平均月額給与

国立病院 103万円 国立大学附属病院、国立病院機構がもつ病院など
公立病院 111万円 都道府県立病院、市町村立病院など
公的病院 101万円 赤十字病院、済生会病院など
社会保険関係法人 94万円 社会保険病院、健康保険病院など
医療法人病院 128万円 私立病院の大部分を占める病院
個人病院 87万円 私立病院で、法人ではないもの

 

表を見ればわかるように、ひと口に医師といっても、30万円〜40万円もの差があります。過疎地の地方病院などで医師が不足している場合、年収2000万円などの高水準で医師を募集しているところもあります。

 

ちなみに研修医の給料については、以前の研修制度のときに、病院の自由裁量で極端に金額が安く設定されていたことが問題視されて、現在は月額30万円以上という基準が設けられています。

 

1ヶ月の残業が80時間を超えている?

 

医師の給料ばかりに目がいきがちですが、労働環境に問題があることも少なくなく、過労で体調を崩す医師や、精神疾患にかかる医師もいることが度々指摘されています。

 

平均的な勤務医で、1ヶ月の残業が80時間を超えるともいわれています。これは過労死労災認定基準を超える時間です。

 

在院日数の短縮が進んで、病床の稼働率が上がることで、さらに仕事量が増えて追い打ちがかかっています。病院側は医師の健康を守る職場環境をつくることが課題となっています。

 

スポンサードリンク

医師の給料はどれくらい?関連エントリー

病院の収入・支出と経営状況
病院の収入や支出の中身はどうなっているのでしょうか。経営状況については、自治体病院の約半数が赤字となっており、黒字率の低い病院については、他の病院と統合するなどの対策が進められています。
医師のキャリアアップのしくみ
医師のキャリアアップは、免許の取得後に研修医として働くところから始まります。その後は専門医の資格をとったり、教授職に就いたり、自分で開業医として働くなどのルートがあります。