健康保険が適用されない医療とは

スポンサード リンク


保険適用診療と保険外診療

医療秘書,資格取得,通信講座,医療事務

 

「健康保険証を持っていれば、どんな医療も受けられる!」と思うかもしれませんが、そうではありません。健康保険制度は、すべての医療に対して適用されるわけではなく、なかには全額自己負担となる場合もあります。

 

健康保険が使えない医療行為は次のようなものがあります。

 

健康保険が適用されない医療行為

  • 健康診断
  • 予防接種
  • 人間ドック
  • インプラント
  • 視力矯正手術
  • 美容医療
  • 先進医療
  • 中国医学

 

このような医療行為を保険外診療(自由診療)といい、料金は各医療機関が自由に設定できるようになっています。

 

現在、日本では保険が適用される診療と保険外診療とを一緒に行う「混合診療」を原則禁止しています。

 

保険診療と併用可能な「評価療養」と「選定療養」

 

上で原則禁止といいましたが、なかには「評価療養」と「選定療養」のように例外的に保険診療との併用が認められているものもあります(保険外併用療養費)

 

保険外診療部分については全額自己負担となりますが、診療や検査、入院料などは保険が適用されるので、患者さんの負担が軽減されます。

 

評価療養

評価療養とは、現時点では保険適用となっていない高度な先進医療なども、いずれ保険適用となる可能性がある医療のことです。

 

医薬品認可申請のための試験に係る診療や、医療機器の治験に係る診療などがこれに含まれます。

 

選定療養

選定療養とは、差額ベッド代や入院時のクリーニング代など、医療上必須ではないが快適性や利便性向上のため、患者さんが希望する医療サービスのことです。

 

ほかには、金歯など歯科の金合金、予約診療料、時間外・休日診療料180日を超える入院、子供の虫歯予防のための指導管理などがあります。

 

スポンサードリンク

健康保険が適用されない医療とは関連エントリー

医療費はどうやって決められているか
健康保険が適用される医療行為の値段は、国によって決定されています。病院によってばらばらではありません。これを診療報酬点数といい、1点=10円で表します。
医療費はなぜ増え続けているのか
医療費に関するニュースでよく聞くのは、毎年増加傾向にあるというものです。現在は40兆円を超えており、その背景には高齢化があります。
医療費の計算方法(「出来高払い」と「包括支払制度」)
医療費の計算方法には、提供された医療行為の点数を加算する「出来高払い」と、1日あたりの診療報酬点数が規定された「DPC(包括支払制度)」の2種類あります。それぞれのメリット・デメリットも紹介しています。
健康保険のしくみとレセプト請求
医療従事者は健康保険のしくみについて理解しておく必要があります。そして、診療報酬を受け取るためには、「レセプト(診療報酬明細書)」と呼ばれる書類を作成して、月に一度、審査支払機関に請求することになっています。
看護体制と入院基本料の単価
入院基本料の単価は、看護師の人員配置によって異なっています。入院患者7人に対して、常時看護師1人以上を配置する「7対1看護体制」は、最も手厚い看護のかたちであり、それだけ入院費も高くなっています。