医療秘書Q&A

質問  パソコンが苦手なのですが大丈夫でしょうか?

回答 医療事務や医療秘書の仕事は、どちらも病院内の事務的な仕事がメインです。
今の時代、エクセルなどのソフトを使ってデータの管理などをしているので、パソコンの入力作業ができることは必須です。

医療秘書に至ってはワードで文書の作成や、パワーポイントの資料など、医師の指示に従ってさまざまな作業をパソコンを使って行うことがありますので、 パソコンを使えることが前提のお仕事となります。

もちろんプログラマーや、ウェブデザイナーのように、高度にパソコンを使いこなせる必要はありませんが、 事務作業をおこなうためにオフィスソフトを使って基本的な操作がおこなえることが要求されます。

今現在パソコンの使用に抵抗があったり、苦手意識があっても、仕事として割り切って覚えていく覚悟さえあれば、やっていける仕事ではあります。 専門知識や病院内の実情、具体的な仕事の内容などは、実際に仕事を始めてからでないとわからないものです。

ただし、パソコンの操作がまったくできなかったり、パソコンを使う意志がない場合は、医療事務や医療秘書の仕事をすることはできません。

しかし、今は苦手であっても、これからはパソコンの操作を学んで慣れていこうという意志があり、 医療事務や医療秘書の仕事に就きたいという思いがあれば、十分に務まる仕事です。

もちろん、すでにパソコンのスキルがある人と比べるとハンデがあることを承知しなくてはなりません。 ですから、今からでも少しずつパソコンに慣れていって、スキルアップしているという努力を見せながら求人に応募するといった態度が求められます。

スポンサード リンク

このページの先頭へ