医療秘書Q&A

質問  医療秘書と医療事務の違いはなんですか?

回答 一般的に医療事務と医療秘書の違いは分かりにくく、同じような仕事をしていると思われがちですが、両者の違いは大きいのです。 仕事内容はもちろんですが、求められるスキルや知識も異なるので、はっきりと役割が違う職種だということができます。

先に医療事務から説明しますが、医療事務とは、この名前の通り病院やクリニックの受付での業務がメインとなります。 患者から診察券や保険証を受け取ったり、診察代や治療代、処方する薬の代金の会計清算、さらには医師が記入したカルテの内容をパソコンを使ってデータ入力をしたりします。

したがって、パソコン操作ができることは必須の仕事です。また、会計清算においては、各患者の保険証の種類に応じた医療費の負担割合に基づいて診療代の計算をします。 このように、受付から会計精算、カルテのデータ入力といった事務的な一連の仕事を医療事務といいます。

次に、医療秘書ですが、医療事務よりも幅広い医療知識が必要となる仕事です。 たいていの場合、大学病院や市立病院といった規模の大きな病院で、院長などのもとについて仕事をすることが多いです。

医師の仕事を総合的に把握し、仕事がスムーズに進行するようにスケジュール管理をおこなったり、文書の作成補助や翻訳、電話応対、 書類管理など医師がおこなう事務的な作業を引き受けるのが医療秘書ということになります。

したがって、医療法などの法律知識、英語などの語学力も要求され、医師とのコミュニケーション能力も求められるので、医療事務よりは難しい仕事です。

スポンサード リンク

このページの先頭へ