医療秘書の代表的な資格試験

医療秘書技能検定試験・・・医療秘書技能検定試験は、受験資格が不問なので、志願者数が多い人気の資格です。 難易度に応じて1級、準1級、2級、3級の4レベルに分かれています。

医療秘書技能認定試験・・・医療秘書技能認定試験は、教育機関で医療秘書の勉強をしている人に向けての資格試験です。 受験資格が定められているので、合格率は高い水準を誇っています。

日本医師会 医療秘書認定試験・・・日本医師会が認定する医療秘書の資格要件であり、定められた養成機関で教育を受けた人が受験できます。 受験地も限られていますが、就職にも有利なため、価値のある試験となっています。

医療秘書士・医療管理秘書士・・・医療秘書士は、医療秘書のエキスパートを目指す人のための資格試験です。 受験資格は、教育指定校で規定の科目を履修していることが必要になるため、合格率は高くなっています。

このページの先頭へ