給料の相場をチェック

初任給 医療機関で仕事をする医療秘書。

医師や看護師などのように直接的な医療業務を行なう職種の場合には、 資格手当てなどがついてくるのでお給料も一般事務社員と比べると高くなります。

しかし、医療秘書の場合には、医療行為を直接行なうわけではなく事務業務に携わるお仕事なので、 その収入は期待しているよりも高くはないようです。

全国的な平均収入を見てみると、医療秘書として仕事を始めたばかりの人の初任給は、 高卒なら平均15万円、大卒で平均19万円程度。

一般企業で一般事務をするお仕事で手にする収入と、あまり変わりません。

年収にしても、勤続3年目の医療秘書で年収が300万円弱なので、仕事を始めたばかりの頃には、 それほど高収入を期待する事はできないようです。

経験を積めば年収もアップ!

しかし、スタートしたばかりの頃は一般事務とそれほど収入が変わらない医療秘書でも、
経験を積んでいけばいくだけ、年収もどんどんアップしていきます。

一般事務などは、結婚したら退職したりする事も多く、キャリアを積むような仕事にはなかなか結びつきにくいですよね。

しかし、医療秘書の場合には、結婚したり産休を取ったりしても復帰しやすくキャリアを積んでいけるのが、 医療秘書という事務の大きなメリットです。

それまでの経験を活かして転職するという選択もあります。

勤続25年~30年というベテラン医療秘書になると、年収が500万円を超える事も少なくないようです。 毎月の収入にすると、月収35万円程度。

キャリアを積む事ができるお仕事だからこそ、年収にもそれが反映されるのでしょう。

スポンサード リンク

このページの先頭へ