医療秘書とはどのような職業?

医療秘書の仕事 病院などの医療機関で働いている人たちの職種はさまざま。

医者や看護師などのように、患者に医療行為を行なう仕事の人もいれば、 病院の受付などで事務的な仕事をしている人、会計などお金の計算をする人などもいたりしますよね。

医療秘書とは、病院の受付に座っていて、診察の受付をしたり、保険証のチェックをしたりするお仕事。

そうです、病院の受付の人たちは「医療秘書」と呼ばれる業務を行なう人たちなのです。

医療秘書の仕事は、ただ受付けに座っていて、来院してきた患者さんの診察券を受け取るだけではありません。

  • 患者さんの受付業務
  • 保険証のチェックや入力業務
  • 初診の患者のカルテ作成業務
  • 会計業務
  • レセプト業務
  • 患者さんを適切な場所へ案内する院内案内業務
  • 医師や院長の秘書業務(スケジュール管理、文書作成、書類の管理)

など、いろいろな仕事をテキパキとこなさなければいけません。

責任が大きい仕事

医療秘書は直接的な医療業務に関わるわけではないので、看護師などの資格を持っている必要はありません。

しかし、医療秘書は、医療行為以外の事務的な業務を全て担当するため、 いろいろな知識やスキルが要求されるお仕事と言えるでしょう。

患者さんの情報をパソコンに入力したり、お会計の計算をしたりするためのパソコンスキルももちろん必要になりますし、 来院した患者さんに笑顔で接する事ができる対人スキルも求められます。

患者さんの容態によっては、看護師に連絡したりする臨機応変な対応も求められますし、 場合によっては患者さんからのクレームにも対応しなければいけません。

医療現場において、医療秘書というお仕事は責任重大な仕事なのです。

スポンサード リンク

このページの先頭へ