医療秘書の基礎知識

スポンサード リンク


医療秘書の基礎知識記事一覧

病院などの医療機関で働いている人たちの職種はさまざま。医者や看護師などのように、患者に医療行為を行なう仕事の人もいれば、 病院の受付などで事務的な仕事をしている人、会計などお金の計算をする人などもいたりしますよね。医療秘書の仕事も、一般的な企業で働いている秘書とだいたい同じようなイメージをもってもらって結構です。つまり、来客の対応や院長のスケジュール管理、出張の手配などの裏方の業務を主に担っていま...

医療秘書の資格を持っている人の職場は、一般的に病院やクリニックなどの医療機関となります。医療機関で医療に従事するお仕事には医師や看護師などがありますが、 直接的な医療に従事する職種の場合には、内科や外科、歯科など専門分野によっても仕事をする職場が異なります。外科医が歯科でお仕事をしようとしても、それは無理ですよね。しかし、医療秘書というお仕事は、直接的な医療行為を行なう職種ではなく、 病院の運営な...

医療秘書は、正社員、パート、派遣など、いろいろな雇用形態で仕事をする事ができます。フルタイムでキャリアを磨きたい人なら、総合病院などで正社員として医療秘書の仕事をするのが良いかもしれませんね。また、家庭と仕事を両立させたい人や、子供が小さいから仕事をする時間を短く抑えたいという人なら、 パートとして医療秘書の仕事を探すのも良いでしょう。ただし、総合病院など大規模な医療機関でお仕事をする人にとっては...

どんな職場で働くにしても、やはり気になるのはお給料です。患者さんの命に関わる業務なのですから、しっかりとした待遇で迎えてほしいですよね。医師や看護師などのように直接的な医療業務を行なう職種の場合には、 資格手当てなどがついてくるのでお給料も一般事務社員と比べると高くなります。一方、医療秘書の場合には、医療行為を直接行なうわけではなく事務業務に携わるお仕事なので、 その収入は期待しているよりも高くは...

ここまで医療秘書について簡単に紹介してきましたが、興味を持たれましたでしょうか?それでは、どうやったら医療秘書に就くことができるかについて解説していきます。現在、医療秘書の仕事をやっている方の多くは、医療秘書に関する資格を持っています。資格と言っても1つだけでなく、いくつかの団体が主催しているので、その中から自分で選ぶことになります。もっともポピュラーなものは、医療秘書技能検定試験です。 これは医...

まず職場が医療機関となるので、医療全般に関心があることが前提となります。何のために働くかと問われれば「もちろんお金・生活費を稼ぐためです」というのが本音だと思いますが、患者さんの気持ちを考えることができない人、奉仕する心がないという人は続かないでしょう。医療秘書の役割は、医師のスケジュール管理や医療スタッフ間の橋渡しなどが中心ですが、医療事務と同じく病院の受付業務や会計業務、患者さんへの対応も任さ...